第七回投稿:タコのスパゲティ


我が家のチビ一週間連続で発熱39℃超えという事態。もちろん医者にも病院にも診てもらったのですが、満一歳そこらへんというのは突発性発疹という症状を出しがちでその症状を出すと発熱するというお話を聴かせて下さるばかりで今週はなかなか不安が拭いきれない心持ちでありました。
しかし、本日は朝から37℃近辺で熱も安定しておったり彼自身の元気さがパネェ状態だったりで、なんとかまぁ一安心という心持ちになれました。そして今日は終戦記念日ということもあり、チビも病明けということもあり、なんなら家内も本調子ではなかったり、、ということで向かいの世田谷公園に散歩に行く&庭の雑草処理程度でゆっくりした次第でした。久しぶりの三人水入らず休日でもあり。
 
そんなこんなで在宅の週末恒例の煮込み料理と洒落込んでみたかったのですが、なんだかんだで買い物も満足に出来ず、、。MAD煮込み料理は作れませんでした。それにも関わらずこうやってブログを投稿してしまったのには一応理由がありまして、本日のスパゲティには軽いTIPSが含まれておりますのです。
ぃやらしければJUST DO ITお付き合いください。
 

なんの変哲もないタコのスパゲティ。ですが、ナポリのおばちゃんから直伝を受けてきた味はそれなりのもので、なのにこの調理法はあまり本やwebでも目にしないのです。もしかすると豆知識かもです
では、はやいところ行ってみましょう。
これも超簡単です。

材料

スパゲティ乾麺:250gあたり
(以下、二人分の分量になります)
タコ(生だと最高):一人当たり100g弱くらい
(生のタコはそうそう手に入りませんので、ボイルのものでも問題ないです。なぜかボイルのものでも刺身用というラベルをつけて売られています)
イタリアのトマト:150gくらい
(スーパーでも売っていることがありますので、目にしたら買ってみて下さい)
アンチョビ:一枚くらい
(いつも使いますが、この料理にはマストかも)
ニンニク:1カケ
唐辛子:一本
そしてエルブドプロバンス
(お好きな香味ハーブで結構です)
オリーブ油:適当


材料は以上。いつも同様シンプル極まるものです

下ごしらえ

唐辛子とニンニクはみじん切りです。

手順

ルクルゼ鍋にオリーブ油を入れて火にかける前に唐辛子とニンニクを合わせます。弱火で着火。
火が通り、香ばしい匂いが充満したらアンチョビを入れ火を強めて短時間で炒め合わせます。
あわさったところでトマトを手でつぶしながら投入。結構水分が出るのである程度しっかりと中火にかけます。この時、ルクルゼ鍋にタコを入れとろ火に。

ここらで沸騰した鍋に麺を。麺を入れて再度沸騰したら、その後2分火にかけます。

そして、フタをして火を止めます。
で、麺の包装紙に書いてある調理時間の二分前あたりで鍋から上げます。

コツはここから。
麺を上げる時に、網の下にマグカップを置いておき鍋から茹で汁を一杯とっておきます。マグカップ一杯分です。

麺と茹で汁をルクルゼへ。具とあわせて火にかけて一本試食してちょうど頃合いになっていたら麺とタコだけ皿に上げます。

で、残された茹で汁とトマトのあわさったものをひたすら中火で煮詰める。
これだけ。マジ簡単。

 
火加減とタイミングを間違えないように作るにはこの方法がベストなのではないでしょうか。
で、理屈の話をするとトマトにはお馴染みの通りアスパラギン酸とグルタミン酸が多く含まれており、アンチョビにはイソロイシンやリシンなどが複雑に含まれていて、何度も言いますがアミノ酸は数多くのものがかけ合わさればかけ合わさるほど足し算ではなく乗法級に美味さを増しますので、味に奥深さを出すのに関してはアンチョビはかなり良いプレイヤーです。

そんなこんなで、今回はチャチャっと作れるもので滋養を確保しました。

機会が合いましたらぜひ一度お試し下さいませ。

ではまた次回、やらしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です