iTunes.comに想う


Apple建造中のデータセンターを空撮したビデオがYouTubeに公開されたようで(TechWave: Appleのクラウド戦略の拠点を空撮)、改めてその規模の大きさを目にして強まった妄想を記載しておきます。

AppleによるLala.com買収を受けて、そこかしこで取り沙汰される iTunes.com 。世界最大のコンテンツ配信サービスがクラウド化されることで実現する(であろうorしたら良いな)諸々は、はっきり言って「夢」に近いです。以下全てが実現する訳はないでしょうが、本年中にも発表となりそうなこのサービスを楽しみにしたいと思います。

以下、完全に僕の妄想です。事前情報など何一つ入手しておりません。悪しからず。

ユーザー体験編

1, ネットワーク接続が可能なあらゆる機器から自分のライブラリーにアクセスが可能になる:

iPodに転送し忘れて今聴きたいのに聴けない、とかアカウント認証台数にしばられる、とかHDDクラッシュして1万曲飛んでいった、とかの心配がなくなるでしょう。

2, web上の音楽紹介リンクをクリックしても、iTunesを起動する必要がなくなる:

これは既にAppleのwebサイトで始まっていますが、今後はYouTubeやSoundCloudなどのように自分のブログなどにも試聴付きのウィジェットなどがエンベッドできるようになるでしょう。試聴が出来るようになればアフィリエイトリンクも今以上に具体的になるでしょうし、FMラジオ局や音楽ライター、素人にも収入の途が開かれるかもしれません。有名人のiMixなどを連続して聴くのも楽しそうです。

3, 高音質化も簡易に実行できる:

今後のネットワーク環境の強化やストレージスペースの価格低下、などなどインフラ機能が向上するにつれてコンテンツの品質も自動的に上がっていくでしょう。しかも煩わしいアップグレード作業などナシ。

4, 音楽の貸し借りができる:

コンテンツ自体はAppleのサーバーにあり、ユーザーは接続する権利を保有しているという状態ですので、接続する権利を友達に期間限定で譲ってしまえばレコードやCDでは行えていた友人間の貸し借りが可能になります。あくまでも仕組み上は可能になるという話です。権利的なハードルは残るかと思いますが、これは実現すると面白い。

5, ジーニアスの精度が激上がり:

これまでは購入履歴による嗜好情報の収集でしたが、Appleは再生回数なども完全に把握できるようになります。
ちょっと怖い気持ちにもなりますが、これからのジーニアスはズバズバ好みの楽曲を勧めてくるようになると思われます。

6, 購入価格の低下:

これまで通りファイルをダウンロードして保有するならばいくら、クラウド接続で聴くだけならばいくら、、と価格帯は増やされるのではないでしょうか。

7, 再生機器の拡充:

もしかすると下手したらiTunes.comに接続して音楽やメディアファイルを再生できるデバイスをApple純正に限らないかもしれない。そうなると意外なデバイスで音楽を楽しめるようになるかも知れません。飲食店のテーブルとか。

サービス / アーティスト編

1,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です