必読リスト:番外編


TwitterやFacebookがあったからこそ知り得たページまとめ、番外編です。大量に拡散されている情報に飲まれて目が廻りそうになっているタイミングかと思います。以下は少なくとも”アヤシイ”とか思わず読める市民生活の糧になるページ。
今回も全てテキスト系ページとなります。
では有事のベスト5行ってみましょう。

あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている

かなり強いタイトルですが、必読です。兵庫県西宮市議会議員今村岳司氏のブログ。

私はこの地震で何も失っていない部外者です。
そして、この地震に対して何もできない無力な素人です。
ただの「被災していない人」です。
被災していない人間に被災者の気持ちが分かるわけがないのです。
分かるわけがない相手に分かったようなことを言われたりされたりすることこそが、
相手に「被災者の気持ちなんて結局誰もわからない」を痛感させます。
とにかく、自分にできることなど何もないことを受け容れることが必要です。

被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~

かなり優しいタイトルですが、きっぱりとしています。

下校時刻になって、担任の物理教師がおもむろに話しだした。
「今回の震災で我校の教師や生徒も被災者となり、登校できない人がいます。センター試験が終わり、受験生としての役目を終えた人もいると思います。あなた方の中には、正義感や義侠心に駆られて現地に乗り込む人もいるでしょう。それは間違ったことではありませんが、正直に言えば、あなた方が役に立つことはありません。 

ともに阪神の震災を10代で経験した筆者が自らに対する引き締めの意味でも書き記したものであろうエントリーです。語気に違いがあっても言っていることがほぼ同一なのが面白いと思いました。
危機に対峙するにあたって、何より身の程を知るのが大事なように思います。

東北地方太平洋沖地震 義援金のお願い

お騒がせのGROUPONからお願い。
寄付は日本赤十字に集約していたのですが、この手法でグルーポンが知名を上げようと努めていることに好感を覚えて、乗らせていただきました。アカウントを作ってもらう(新規の場合ですが)ために同額上乗せするというのはPRとして理にかなっていると思います。

twitterで「不謹慎だ!」と怒られたお前らのツイートを晒すスレ

本シリーズお約束の2chまとめページ。>140をどうぞ。

11)かくおびただしくふることは

方丈記の現代語訳ページ。元暦二年(1185年)の大地震について。

800年の先輩 鴨長明にグゥと言わされる締めのパラグラフです。


こんなように「風化させられるように」がんばりましょう!!
人間なめんな!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です