汎用:穀物と野菜のスープ


写真はコーングリッツです。AID2当日、写真を撮っていなかったので。。w

お出ししたスープについてリクエストをいただきましたので、掲載しておきます。
食材は自由に臨機応変にアレンジしてみてください。味付けと出汁とりの工程だけ把握出来ればなんとでもなる感じです。

それではJUST DO IT、行ってみましょう。

<食材:調理順 / ひとり分>
オリーブオイル:小さじ2
クミンシード:小さじ1/4
ベイリーフ:少々
にんにく:1/4かけ
たまねぎ:1/6
まいたけ:容積で10ccくらい(適当で大丈夫です)
にんじん:1/10くらい
ブロッコリー:適当(としか言いようないです。。w すみません。。)
塩、胡椒:適当に

水:200cc
エルブ・ド・プロヴァンス:少々
ローズマリー:少々
コーングリッツ:10cc
カイエンヌペッパー:ほんの少々
白ワイン:少々
塩、胡椒、醤油、コリアンダーパウダー:少々

<手順>
・にんにく、たまねぎ、まいたけはできるだけ小さくみじん切りにしておく
・にんじん、ブロッコリーは好きな大きさで大丈夫です。
・フライパンにオリーブオイルを入れ、クミン、ベイリーフも投入して火にかける。中火。クミンに色づき始めたら弱火にして数分加熱。
・まいたけ、にんにく、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーを投入。中火に戻す。たまねぎが薄茶色に色づくまで炒める。塩胡椒を適当に(この段階ではあまり味付けにこだわらなくて良いです)
これらの工程で、出汁をつくる感じです。野菜ブイヨンなども市販されていますがしいたけやまいたけなどのキノコ類を香味野菜と一緒にじっくり炒めると出汁が出ます。この方が美味しいような気がします。油も入りますし。

・水を加え火にかける。沸騰させる。
・エルブ・ド・プロヴァンス、ローズマリーを投入。香りが出てきたらコーングリッツをダマにならないよう少しずつ投入。
・フライパンの中の炒め野菜を鍋に投入。
・カイエンヌペッパーを投入。本当にほんのちょっとずつです。
・白ワイン、調味料を投入。味を見ながら調整して完成です。

コツがあるとしたら、塩、醤油よりも他のスパイス/ハーブ類を立たせることで味付け自体は薄味にしておくことかと思います。その方が食材を変えることで日常的に飽きずに食べ続けられるのではないかと。
AID1のハッキングとしてアーユルヴェーダの一食六味というものをご紹介しましたが、スパイスやハーブなどを立たせることで渋味とか苦味とか辛味といったちょっとマイナーな味を補足してやる感じです。

今回はコーングリッツとブロッコリー、にんじんでしたが、じゃがいもでもさつまいもでもレンズ豆でも、かぼちゃでもれんこんでも食材は冷蔵庫にあるものを自由に使ってください。その場合、炒め野菜を入れる前にある程度まで煮ておくことをおすすめします。気にならないようでしたら皮をむかずに調理しちゃうこともアリだと思います。上でいう渋味の補完になりますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です