Mountain Circus2 TANZAWA での食事


(Photo: Yohei Inoue)
 
11/16-17の週末、トレイル鳥羽ちゃんの仲間とともに Mountain Circus2 TANZAWAの運営に参加させて頂きました。

Mountain Circusとは

芦屋、京都、愛媛、新潟、静岡、岡山、三重(鈴鹿)、そして関東の市民トレイルランチームがお互いの絆を具体化させるべく、そして、自助共助で全国の山を楽しみ尽くすべく、それぞれの当地で地元のチームがランナーを迎え、自らのホームのやばい山を走らせて自慢する、という、大人じゃなきゃできないけどメチャクチャ子供っぽい大会。2013年今年の6月に六甲で第一回が開催され、その常軌を逸したハードさと高すぎる運営能力に度肝を抜かれた中、

RUN OR DIE!!がコース設定をはじめ主催業務のメインを担当してくださり、僕たちトレイル鳥羽ちゃんもホストの片翼として運営に参加。チームとして、とても大きな経験になりました。遠方より参加くださった皆さま、スタッフの皆さま、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

大会についての振り返りは、我々鳥羽ちゃんにおける本開催の功労者 加野くんによる手記として追って公開させて頂きます。
 

今回は僕の個人的な書き残し。

俺、俺、俺で行きます。
 
ULTRA LUNCHとして、丹沢の厳しいコースを完走されたランナーを迎えるゴール地点での食事を担当させて頂きました。事前の予想では極めて寒くなりそうなことや、コース内には10回を超える渡渉がある(笑)ことから「とにかく温まるもの」を優先して献立を考えてみました。
 


スープストックの材料(一部)です。
甘い根菜をたくさん加えることにしましたので、普段よりニンニクとキノコ類を多くして、出汁を強くしてみました。


タッパーにあるのがストック。現地で湯に伸ばし、根菜類と事前に炊いておいた十穀米を加え、コリアンダーとカルダモン、ジンジャーを主にした辛くないけど温まるスパイスで味を調整しました。
結果的に大会当日は絶好の天気に恵まれ、ゴール点は凍えるようなことにはなりませんでしたが、それでもランナーの皆さんに喜んでいただけて嬉しかった。


35センチ寸胴(通称モビーディック)に満載された29リットルを完食いただけました!

今回の食事では、このスープに加えて、豆腐のチーズスプレッドと、友人松岡静江による丹沢産の天然酵母パン、エナジージェル(β版)をパンに塗って試食して頂きました。
静江ちゃんとULTRA LUNCHは、ランナー/アウトドア愛好家の方に配慮した天然食を企画してまいりたいと準備をしておりますので、また機会あれば試食にお付き合いを頂ければ幸いです。

さて。。

現地の僕ですが

2週間ぶりの飲酒により、、、



いつも通り、死亡しました!!!!
その後、復活したのですが、、


チームメンバー、誰も目を合わせてくれてません!!!
一部タレコミによると、遠方より参加くださったランナーの方にまとわりついていた、、、本気で面倒臭がられていた、、、死んでればよかったのに、、、ドミンゴそろそろ、、、などなどの証言が!!!

やべえ、、、ランブラーさんに顔向けできないな。。。

HELLO!! NEW DIET!!
(お酒はほどほどに!!!すみません!!!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です