脳味噌蟹味噌ツアー 2017


ビバークレーションを販売くださっているお店(およびイベント)にお邪魔して、味見をしてもらったり、開発者(おれです)と直接いろいろこの商品について詳しくお話をしたり、時には一杯ご一緒したり、、、というツアーを行なっています。

ビバークレーション販売店めぐり

まだまだ ULTRA LUNCH、ビバークレーション、ともに広く認知されている銘柄ではありませんので、お店の棚に並べていただいて「売れて欲しいなぁ」と思っているだけで自動的にウワーってお買い求めいただけるものではありません。
食品ですので「分かってくれる人に伝われば良い」と思っているわけでもありません。1人でも多くの方に使ってみて頂きたいものなので、味見してもらって商品について詳しく説明をさせて頂ける機会をいただけるのはとても幸せなことです。
なにより、各地のお店それぞれのお客さまと直接交流させてもらえることが最高に嬉しい。

2016年8月末、当時飲食店舗を運営していましたIID世田谷ものづくり学校にてムーンライトギア千代田氏、低山道具研究家モリカツ氏とともにしたイベントで公開したビバークレーション。
ぼく1人で製造してweb直販を続けてまいりましたが、2017年4月より製造委託を行うことができるようになり、アウトドア専門店に販売をお願いすることができるようになりました。
メリットの多い商品であることには自信を持っていますので、地道に使ってくださる方を増やしたいし、使ってくださっている方にはより幅広い使い方を分かっていただきたいと思っています。
普段親しまれているお店でお会い出来る機会があれば、ぜひお越しになっていただきたいです。よろしくお願いいたします。

では、ここまでの一旦の振り返り。JUST DO IT. 行ってみましょう。

ツアー1:
白州/山梨/白馬


白州の森バイクロア:SOTOとULTRA LUNCHによる簡単なアウトドア調理ワークショップ。SOTOのアウトドア火器の使用法を改めて詳しく教えてもらい、ビバークレーションと簡単な副菜調理の体験会。

山梨 スリーピークス八ヶ岳トレイルレース整備〜甲府SUNDAY:大会事後のトレイル整備(おもに笹刈り)に参加させてもらい、参加者の方々とお昼ごはんタイムにビバークレーション試食。
その後、夕方に甲府SUNDAYに戻り、試食デモ&SUNDAYスタッフまゆ姉さんのアレンジレシピ実演。お湯のかわりに沸かした牛乳で煮込むという大技も披露されました。

白馬OMM LITE/BIKE会場:大会会場にて、FULLMARKS白馬 江口店長のブースにて試食デモ。

移動は鉄道、高速バス等。この期間、宿泊は主にビバーク。

ツアー2:
東北 岩手/東京IID


東北エリアのお店に営業しながら岩手紫波へ
Knotty:トレイルランニングのショートフィルムオムニバス TRAILS IN MOTIONの上映会をメインとしたイベントにて試食デモ。
盛岡の登山家橋本久さんの講演、FULLMARKS大内さんのグランドキャニオン リバーカヤッキングの報告会などもあり、メチャ充実した1日でした。

池尻IID:ALL YOURS 2周年記念イベントに出店。
親しくしていただいている多くのメーカーが集まり、盛り上がった2日間でした。

移動は青春18きっぷ。宿泊はビバーク、岩手紫波オガール。

ツアー3:
名古屋/四日市/滋賀/京都


東海エリアのお店へ営業しながら名古屋へ。
名古屋MOOSE:開業35年。老舗アウトドア専門店MOOSE店舗にて試食デモ。
店舗名になっているヘラジカの角が堂々と掲げられている、とても貫禄のあるお店でした。

四日市ADAPT:店舗のあるビル2Fカフェにおいて、ALL YOURSの試着会とともに試食デモ。夜中まで話し込んだ。
オーナー キョーヘイ!氏は脳味噌蟹味噌ツアーの命名者。採用するつもりはなかったが、なんか定着してる感じで、、なし崩し的に採用。断りきれない女の子みたいで情けない思いだ。

滋賀 寝待月のショー:大津CONNECT 西村さんのブースにて試食デモ。
音楽フェスへ西村さんが出店されるとのことで、現地ブースをお手伝いさせていただくことに。商品セレクションの面白いお店でした。お店にもお邪魔したい。

京都FULLMARKS:本能寺スグにある店舗にて試食デモ。
大阪出身のぼくは京都まで巡って来ると「I’m home!」感がヤバかったです。レコード屋さんとか通った店もいくつかあるエリアで、ちょっと散歩するのも楽しかった。

移動は青春18きっぷ。宿泊はビバーク、ホテル。

ツアー


ツアーはまだ続きます。
SNSでもお伝えしますがEventsページでもご確認をお願いします。

出張費節約のため、青春18きっぷと駅前や公園ビバークを駆使しながらの行程となりますが、お店ごとにお客さまの雰囲気がそれぞれ違っていて、とても楽しいです。
そして、お店の方やお客さまから、僕の想像もしていなかった質問とかフィードバックをもらえることがあり、こういうのは直接会ってみないと話せないことだったりもします。商品を世に出すことは、ULTRA LUNCHというのが何を考えて何を世に問いたいのか、どういった役に立ちたいのか、それらももろとも世に出しているということなんだと改めて痛感しました。

今回のツアー来場者の1人より「僕も食べものを製造したい」とお話を伺ったことがありました。こんな悪戦苦闘中のULTRA LUNCHでも事業者のいち事例として、SNSだけではなくて記事を残しておくことも誰か(少なくとも上記のお一人には)の役に立つのかなと。またそういったアドバイスももらったこともあり、ブログを再開することにいたしました。
ビバークレーションという商品自体のこともまとめてみます。

どうか、今後ともよろしくお願いいたします。


写真は青春18きっぷで東京に戻る際の途中下車休憩した熱海駅。スコット聚楽。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です