「食べもの」カテゴリーアーカイブ

ビバークレーション- BIVOUAC RATION まとめ

いつもULTRA LUNCHを応援くださりありがとうございます。
本当に恩に着ます。

これまで、SNSを中心に細切れなご紹介しかできていなかったと思いますので、あらためて このビバークレーションについてまとめてみます。
自分で言いますが、メリットの多い食べものです。

あと、ULTRA LUNCHはエナジージェルやバーとは異なる「本式の食品」を製造している日本唯一のインディーズメーカーです。
フィードバックをもらえる限りで言うと、使ってくださる方々の比較対象はカレーメシやアルファ米、インスタントラーメンとのこと。インディーズはおれだけ。これはなかなかの闘いですね。

ではJUST DO IT、行ってみましょう。

ULTRA LUNCH

山道を走るトレイルランニングというスポーツに趣味として取り組んでいます。
速い遅いとかより強い。強いからこそ優しい。そんな人びとに魅了され、コミュニティの一員となりたいと思い設立した「食品のガレージブランド」です。
vegan(菜食)食品を専門としています。以前は東京は世田谷 池尻大橋にて飲食店を運営していたことがあり、Scott Jurek選手が来店してイベントをともにしたこともあります。豆自慢です。

いまは、ビバークレーションの製造販売やケータリングなどで「食べものをお届けする」ことに集中して活動しています。

ビバークレーション

お客さまより「山に持っていける食べものが欲しい」というリクエストは以前のお店やケータリングの際にいただくことが多く、僕自身もとても興味ありましたので、ずっと心にとめていたテーマでした。

開発の経緯

山で食べるインスタントラーメンの美味さは僕も知っています。

が、、、汁を飲みきるのがしんどかった経験もある。
かといって、山に残り汁を捨てることは出来ないですしね。。。

ULTRA LUNCHらしい、力強い味と食べごたえがあって、さらに、テントを張った後の食事ならお酒と一緒に食べるのにも合って、無添加なので食べ疲れせず、美味しい。
こういうものを作れないか。

逆にこういうものを作れないと、弱小の新興ブランドが食べものなど製造しても生きる場所ないだろ。

これがビバークレーション(というかULTRA LUNCHらしい携帯食)を開発しようと思った経緯です。

ビバークレーション

ビバークレーションは、
家庭使い、災害備蓄食、パーティ用アレンジ、、、など、アイデア次第で自由自在にご活用いただけるものですが、やはり登山、トレイルラン、ハイキング、自転車、キャンプといったアウトドア利用を想定した仕様が盛り込まれていますので、ここではアウトドア利用に関してまとめてみます。
アレンジアイデアなども別投稿でご紹介します。

メリット

1. 熱湯2分!驚くほど早く出来上がります。
これまでアルファ米ご飯(熱湯調理に15分が必要)を利用されていたユーザーからは「次元の違うスピード感」と喜ばれています。

2. 食事1回分の製品重量は80g、大きさ12×18cm程度。
ザック内で場所を取らないコンパクト設計。「 真空包装」された本品は、限られた荷物スペースを奪いません。

3. 1製品あたり400キロカロリー超えのボリュームで抜群の食べごたえ。
1食あたり60gのインド米乾燥フレークを使用することで、主食として満足いただける内容を実現しています。

4. 3味揃ったバリエーション。山での食事が楽しくなる美味しさ。
スパイシーな「トマトキック」、芳醇な香りが嬉しい「ポルチーニクリーム」、日本人で良かった「海苔茶漬け」。どれもULTRA LUNCHならではの美味しさ。(2017年9月6日現在)

5. ULTRA LUNCH謹製!言わずもがなのvegan仕様。
肉や魚はもちろん乳製品、卵も含まないvegan(完全菜食)メニューでヘルシーです。また、veganとは思えないしっかりとした味付けをお楽しみください。


パッケージスリーブのアートワークはジェリーウカイ氏、スリーブのレイアウトデザインはAnswer4小林氏です。
ビバークレーションのこの最小限の包装を活かした形を作ってくれていまして、本当にかっこいいです。

実績

初期からビバークレーションのアンバサダーをお願いしているのは

・根津貴久さん
・朽見太朗さん

このお2人に重宝いただけていることを嬉しく思います。
2人からのアドバイス/ご意見はビバークレーションへのフィードバックだけでなく、今後、こちらでもご紹介してまいります。

根津さんはアメリカ西海岸をメキシコからカナダまで貫くPCT(Pacific Crest Trail: パシフィック・クレスト・トレイル)を踏破されたり、GHT Project(Great Himarayan Trail Project: グレート・ヒマラヤン・トレイル)を通じて、毎年ヒマラヤの山域で人が生活されているエリアをいわば「超壮大な里山」として歩き、その経験を僕たちに紹介してくれている人物です。

朽見さんはTJAR(Trans Japan Alps Race: トランス・ジャパン・アルプス・レース)完走経験も持つ、そうとうな長期縦走のエキスパートでかなりチャレンジングな山岳家です。フルタイムの社会人としてウィークデイは勤務されています。
週末の山行はとんでもない行程を踏まれています。

また、真空包装されていることで生じるメリット「気圧の影響を受けにくい」を評価してもらい、2017年5月のICI石井スポーツ エベレスト/ローツェ二峰登頂遠征隊に採用していただきました。

販売について

2017年4月までは1人で手作業で作って1人でweb通販しており、その時は販売日に完売みたいな感じでした。「どこで買えるの?」とか「全然買えねぇ」、「いつまでアングラ続けてるんですか?」などのお声をいただいておりましたが、現在は島根の工場に製造委託ができるようになり、安定的に販売させて頂いております。

お取扱いをいただいている全国の店舗はこちらでご確認いただけます。普段、親しまれているお店にて是非お手にとってみていただきたいです。
webでは直販も続けています。週に2回は発送日を設けています。
ダースパックのみとなりますが、Amazonでもご入手いただけます。Prime対応ですので速攻で必要な時はご活用ください。

ULTRA LUNCH、ビバークレーションについてはまたご紹介してまいります。
どうか、今後ともよろしくお願いいたします。

いつも、ありがとうございます。

peace

脳味噌蟹味噌ツアー 2017

ビバークレーションを販売くださっているお店(およびイベント)にお邪魔して、味見をしてもらったり、開発者(おれです)と直接いろいろこの商品について詳しくお話をしたり、時には一杯ご一緒したり、、、というツアーを行なっています。

ビバークレーション販売店めぐり

まだまだ ULTRA LUNCH、ビバークレーション、ともに広く認知されている銘柄ではありませんので、お店の棚に並べていただいて「売れて欲しいなぁ」と思っているだけで自動的にウワーってお買い求めいただけるものではありません。
食品ですので「分かってくれる人に伝われば良い」と思っているわけでもありません。1人でも多くの方に使ってみて頂きたいものなので、味見してもらって商品について詳しく説明をさせて頂ける機会をいただけるのはとても幸せなことです。
なにより、各地のお店それぞれのお客さまと直接交流させてもらえることが最高に嬉しい。 続きを読む 脳味噌蟹味噌ツアー 2017

【おつまみご提供します】Worn Wear Swap @パタゴニア丸の内

今週土曜日2014年12月20日、パタゴニア丸の内ストアにて開催されるWorn WearイベントにULTRA LUNCHからおつまみをご提供してまいります。

年末商戦も激化するこの時期だけど、そこにあえて、使わなくなってしまったパタゴニアギア(ウェア)を交換会しませんか?というイベント。
パタゴニア自ら開催するイベントです。
「ビアーとおつまみをご用意して待ってます」とのこと。 続きを読む 【おつまみご提供します】Worn Wear Swap @パタゴニア丸の内

Cookpadの使い方

ごくたまにですが、Cookpadにレシピを掲載しています。

domingoのキッチン

Cookpadはとても多機能で高機能なwebサイトですね。188万レシピ(!)も投稿されているのは納得です。

投稿者画面

スクリーンショット(2014-11-14 15.56.51)例えば、これは じゃがいものガレット のページ(本人閲覧時)ですが、ページビューのグラフはもちろん、 続きを読む Cookpadの使い方