「レシピ」カテゴリーアーカイブ

第八回投稿:ヒヨコ豆と豚ハツの煮物

総選挙後最初のエントリーとなります。
せっかくのチェンスですので新政権に望みたいことは色々ありますね(僕は民主党には投票しなかったのですが)。注目して国民生活を生きたいと思いますが、とりわけ気にかかっているのは「これから日本政府は食産業に対してどこまで関わるのか」です。
先日、大衆肉料理店においてO-157事件が発生しニュースになりましたが、ステーキと称して成型肉を提供していた会社の不見識は話になりませんが、あのような商品企画の提供をせねばならなかったこと自体、大量生産大量消費経営の弊害が露になっているとしか思えません。食肉産業の闇は深そうです。どの産業も大して変わりはありませんでしょうが、とりわけ食に関しては野放しの資本主義ではダメなように思えます
 


ということで、いつベジタリアン生活にシフトしようかと思い始めているこの頃ですが、本日のところはまだ豚肉を豆と料理して食べました。

では、はやいところJUST DO IT行ってみましょう。
毎度毎度のことながら、超簡単料理。

材料

ヒヨコ豆水煮:250g
(以下、二人分の分量になります)
レッドキドニー:50g弱くらい
豚のハツ(心臓):150gくらい
ブタロース薄切り:70gくらい(余り物をぶち込む感じで大丈夫です。なければナシで問題ナシ)
アンチョビ:一枚くらい
(我が家では毎日のように使いますが、この料理にはマストでしょう)
ニンニク:2カケ
チリパウダー:小匙2程度
唐辛子:2本
そしてエルブドプロバンス、タイム
(お好きな香味ハーブで結構です)
オリーブ油:適当
材料は以上。

下ごしらえ

唐辛子とニンニクはみじん切りです。ブタロース薄切りは包丁で叩いてあらびきミンチ状に。ハツは小口切り。

手順

ルクルゼ鍋にオリーブ油を入れて火にかける前に唐辛子とニンニクを合わせます。弱火で着火。
火が通り、香ばしい匂いが充満したらアンチョビを入れ火を強めて短時間で炒め合わせます。
あわさったところでハツとミンチにした豚肉を投入。スパイス、ハーブ類もあわせて鍋へ。
焦げ付かないよう加熱しつつ、ハンパない良い匂いになってきますのですかさず豆類をドバーと入れましょう
そして沸騰した水を具材にかぶるくらいまで。

再度沸騰したところで、フタをして火を止めます。
(普通のお鍋だとここで3分ほど火にかけて消火するのがヨシかも)

あとは数時間放ったらかして食べたい時に火にかけて温める。
これだけ。マジ簡単。

で、またしても理屈の話ですが、ヒヨコ豆のような食感のしっかりした豆にはタンパク質だけでなくビタミンB群やカリウムが多く含まれており、レッドキドニーなどホロホロした豆はサポニンが豊富。下手に肉だけでタンパク質をとるよりも豆を合わせる方がバランスがはるかに良いです。

また、アミノ酸に関しても豆やハツはもちろんアンチョビにもイソロイシンやリシンなどが複雑かつ豊富に含まれていて、何度も言いますがアミノ酸は数多くのものがかけ合わさればかけ合わさるほど足し算ではなく乗法級に美味さを増しますので、味に奥深さを出すのに関してはアンチョビは小さな巨人です。

機会が合いましたらぜひ一度お試し下さいませ。

ではまた次回、やらしくお願いします

第七回投稿:タコのスパゲティ

我が家のチビ一週間連続で発熱39℃超えという事態。もちろん医者にも病院にも診てもらったのですが、満一歳そこらへんというのは突発性発疹という症状を出しがちでその症状を出すと発熱するというお話を聴かせて下さるばかりで今週はなかなか不安が拭いきれない心持ちでありました。
しかし、本日は朝から37℃近辺で熱も安定しておったり彼自身の元気さがパネェ状態だったりで、なんとかまぁ一安心という心持ちになれました。そして今日は終戦記念日ということもあり、チビも病明けということもあり、なんなら家内も本調子ではなかったり、、ということで向かいの世田谷公園に散歩に行く&庭の雑草処理程度でゆっくりした次第でした。久しぶりの三人水入らず休日でもあり。
 
そんなこんなで在宅の週末恒例の煮込み料理と洒落込んでみたかったのですが、なんだかんだで買い物も満足に出来ず、、。MAD煮込み料理は作れませんでした。それにも関わらずこうやってブログを投稿してしまったのには一応理由がありまして、本日のスパゲティには軽いTIPSが含まれておりますのです。
ぃやらしければJUST DO ITお付き合いください。
 

なんの変哲もないタコのスパゲティ。ですが、ナポリのおばちゃんから直伝を受けてきた味はそれなりのもので、なのにこの調理法はあまり本やwebでも目にしないのです。もしかすると豆知識かもです
では、はやいところ行ってみましょう。
これも超簡単です。

材料

スパゲティ乾麺:250gあたり
(以下、二人分の分量になります)
タコ(生だと最高):一人当たり100g弱くらい
(生のタコはそうそう手に入りませんので、ボイルのものでも問題ないです。なぜかボイルのものでも刺身用というラベルをつけて売られています)
イタリアのトマト:150gくらい
(スーパーでも売っていることがありますので、目にしたら買ってみて下さい)
アンチョビ:一枚くらい
(いつも使いますが、この料理にはマストかも)
ニンニク:1カケ
唐辛子:一本
そしてエルブドプロバンス
(お好きな香味ハーブで結構です)
オリーブ油:適当


材料は以上。いつも同様シンプル極まるものです

下ごしらえ

唐辛子とニンニクはみじん切りです。

手順

ルクルゼ鍋にオリーブ油を入れて火にかける前に唐辛子とニンニクを合わせます。弱火で着火。
火が通り、香ばしい匂いが充満したらアンチョビを入れ火を強めて短時間で炒め合わせます。
あわさったところでトマトを手でつぶしながら投入。結構水分が出るのである程度しっかりと中火にかけます。この時、ルクルゼ鍋にタコを入れとろ火に。

ここらで沸騰した鍋に麺を。麺を入れて再度沸騰したら、その後2分火にかけます。

そして、フタをして火を止めます。
で、麺の包装紙に書いてある調理時間の二分前あたりで鍋から上げます。

コツはここから。
麺を上げる時に、網の下にマグカップを置いておき鍋から茹で汁を一杯とっておきます。マグカップ一杯分です。

麺と茹で汁をルクルゼへ。具とあわせて火にかけて一本試食してちょうど頃合いになっていたら麺とタコだけ皿に上げます。

で、残された茹で汁とトマトのあわさったものをひたすら中火で煮詰める。
これだけ。マジ簡単。

 
火加減とタイミングを間違えないように作るにはこの方法がベストなのではないでしょうか。
で、理屈の話をするとトマトにはお馴染みの通りアスパラギン酸とグルタミン酸が多く含まれており、アンチョビにはイソロイシンやリシンなどが複雑に含まれていて、何度も言いますがアミノ酸は数多くのものがかけ合わさればかけ合わさるほど足し算ではなく乗法級に美味さを増しますので、味に奥深さを出すのに関してはアンチョビはかなり良いプレイヤーです。

そんなこんなで、今回はチャチャっと作れるもので滋養を確保しました。

機会が合いましたらぜひ一度お試し下さいませ。

ではまた次回、やらしくお願いします

第六回投稿:ソッフリットのスパゲティ

久しぶりの三人勢揃い&水入らずの週末。
 
実は、この週末は以前よりスケジュールの調整を頂いてMaryJoy肥後師とディーターラムス展を見がてらサイクリング。を予定しておったのですが、なんともかんとも、火曜日の朝 人生最初のギックリ腰に見舞われてしまい前代未聞のKTKR級苦しみを味わうという。。ということで、僕だけキャンセル。早いところ健康な身体を取り戻さねば、です。で、回復したら自転車生活の日々を再開すべきです。36歳、メンテナンスを怠ると本当に体にガタがガタガタと訪れます。冗談じゃありません。
 
ともあれ、そんなこんなで在宅の週末恒例の煮込み料理と相成った次第。
若干のショックをぶち込まれた僕の心に生気を取り戻す 想ひ出の味 ソッフリット(豚の臓物)で和えるスパゲティ です。
 


学生時代、何がきっかけなんだか”ナポリに行きたい”と急に思いつき、その気持ちがドンドン強くなるのを抑えられず、しばらくヨーロッパから北アフリカをふらふらしていたことがありました。で、初心貫徹目的地ナポリで数週間を過ごしたことがありました。あそこは別に何がある訳でもない普通の下町なので、本気で何をする訳でもなく町中を冷やかして歩くことを延々続けておった、という あの時の僕は事実正真正銘モラトリアム生活の権化であり、ある程度世界でいい位置につけておった当時の日本の栄華を意味なく享受するドアホウでした。まぁ、そんな僕でもナポリまで行ったら行ったで日本の大阪とは間違いなく似て非なる当地ならではの生活が繰り広げられている訳で、これは凄いなと思わされる物事との出会いがありまして、このソッフリットなどはその最右翼と言うと言い過ぎですが、そのくらい衝撃を受けたことを思い出します。当地ナポリではレストランなどよりも肉屋で売られているような、無理矢理大阪で言うならば肉屋の軒先で焼かれているホルモン炒めのような日常の総菜なのでしょう。
 
では、はやいところ JUST DO IT レシピ行ってみましょう。
これも簡単です。

材料

スパゲティ乾麺:200gくらい
(以下、いつもの通り、ガッツリ二人分くらいの分量になります)
豚レバー / 豚ハツ / 豚肉(バラが適当でしょう):合計で一人当たり150gくらい
(本来は豚の食道とかトリッパ部分とか肺とか臓物なんでも入ります。本日は入手できたものだけ)
トマトピューレ:150gくらい
豆板醤:大さじ1弱
(ビックリするかも知れませんが、まずは流しておいて下さい)
ニンニク:1カケ
唐辛子:一本
そしてローリエを二枚
(香味ハーブはローリエだけです。色々思われるかもしれませんが、まずは流しておいて下さい)
オリーブ油:適当


材料は以上。いつも以上にシンプル極まるものです

下ごしらえ

レバーとハツはよく水で洗って牛乳に浸しておきます。そして水を切ったら一口大よりもちょっと小さめに切り揃えておきましょう。
で、唐辛子とニンニクはみじん切りです

手順

ルクルゼ鍋にオリーブ油を入れて火にかける前に唐辛子とニンニクを合わせます。弱火で着火。
火が通り、香ばしい匂いが充満したら豚バラを入れ火を強めて炒め合わせます。
色づいたところで豚ハツ。こちらも軽く炒めたところで豚レバーを続々と投入。しっかりと火にかけます。
水をドバー。ローリエもひらり。沸騰したら弱火にして、あとはフタをしてとろ火でひたすら煮込む。
そしてトマトピューレと豆板醤を加え、さらに煮込む。煮込み時間は合計一時間弱くらいでしょうか。そうとう煮詰めます。
あとは、塩とコショウで調整。良い感じに茹でたスパゲティと和えて完成。

これだけ。マジ簡単。

上述したように、レストランというよりは肉屋で売られているような総菜をスパゲティに和えて食べるこの料理ですが、当時20や21歳の僕はマジパネェ美味さに驚かされました。全く臭くもありません。ナポリでは、何とも説明のしにくい唐辛子ペーストというか液体というか、という謎のエキスを加えていましたが、そいつもやはり唐辛子やら豆類やらを発酵させた調味料みたいで、豆板醤で代用すると、これがジャストミートだったのでした。
で、モツづくしの鍋の中で香味ハーブがローリエのみという恐ろしい布陣なのですが、意外なほど臭さは残りません。土着料理の恐ろしさというのは結構こういうところに潜んでいるような気がするのですが、ガッチリ炒め切ってしまうこととトマトピューレともしかすると豆板醤が匂いにうまく作用しているのではないかと思います。
しかも、臓物部分は精肉部分よりも数倍のレベルでビタミンB群および亜鉛、鉄分などが含まれておりますので、滋養の豊富さは間違いのないところ。何より、繰り返しますがマジパネェ美味しさです。煮込み料理ヤバいですよ。多少時間はかかりますけど。

機会が合いましたらぜひ一度お試し下さいませ。

ではまた次回、やらしくお願いします

第五回投稿:モロヘイヤと豆苗のスープ

二週連続で週末を家族とともに過ごせています。優秀。優秀。

ただ昨夜は大学時代の友人と痛飲してしまい、折角の週末にグロッキー気味。要反省。
 
近所のスーパー、オオゼキにてモロヘイヤが安売りしておったのでチャチャっとスープ料理にしてみました。まぁ二日酔いの中年なんで胃に優しい食べものということで。。
 

モロヘイヤのスープというと、エジプトの伝統料理として名高いものがあるのですが、もの凄い大量の油を使うのとあれはスープというよりご飯にかけてカレーみたいにして食べるような料理なので二日酔いの体には重い。なので先に断っておきますが、今回のレシピはエジプトの伝統料理として名高い「モロヘイヤのスープ」ではありません。ですが、簡単に作った割にはパネェ美味さだったし、材料的に滋養の豊富さは折り紙付きなので一つ公開してみます。
スープストックを使わずに食材のみでダシもとります。よろしければトライしてみて下さい。
では参りましょう。

材料

モロヘイヤ:一束
(以下、いつもの通り、ガッツリ二人分くらいの分量になります)
豆苗:半束
(グリーンピースの芽です。炒め物にするのが一般ですが煮ても美味しい食材です)
ベーコン&ソーセージ:合計で一人150gくらいという感じです。
ジャガイモ:2つ
ひよこ豆:水煮1パック
アンチョビ:一枚
(これは我が家にとって魔法の調味料みたいなもんです。加えなくても問題ナシ)
ニンニク:1カケ
唐辛子:一本
そしてクミン、ローリエ、タイムをそれぞれ少々
オリーブ油:適当


材料は以上。例によってシンプル極まるものです。

下ごしらえ

モロヘイヤは一回別鍋で2分ほど茹でておきます。そしてみじん切り。唐辛子とニンニクもみじん切り。ジャガイモはサイコロくらいの角切りで。ソーセージとベーコンはスープの具というよりはダシに使う感じなので細かめに切っておきました。

手順

ルクルゼ鍋にオリーブ油を入れて火にかける前に唐辛子とニンニクを合わせます。弱火で着火。

良い匂いがしてきたところでジャガイモ、ひよこ豆、ベーコン、ソーセージ、そしてスパイス類を投入してちょっと火を強めて炒め合わせます。
ジャガイモの切断面がうっすら透き通ってきたところで、水をドバー。強火にして、煮立ってきたところでモロヘイヤを少しずつ合わせます。再び沸騰したらあとはフタをしてとろ火でひたすら煮込む。
大体出来上がったところで豆苗を。
あとはもう一回フタをして軽く煮込んだら、塩とコショウで調整。

これだけ。マジ簡単。

 
なんでも大昔のエジプトで重病に倒れた王様を復活させたという伝説まであるモロヘイヤのスープ。まぁ伝説なので真偽のほどは分かりませんが、それくらい栄養に富んだ食材であると。実際、カリウムやらカルシウムやらビタミンB群やらという「食べたら元気がみなぎります」でお馴染みの栄養分を豊富に含んでいます。もっと煮詰めてご飯にかけて食べても美味しいでしょうね。超シリアススタミナ食。
機会があえば一度お試し頂ければ幸いです。
 

 
 

ということで、第六回投稿もなるべく早めにできるようにします。まぁいずれ。
 
 
あ、こちらチェック頂けると幸いワイワイです。

第三回投稿:チリコンカーン

本日も朝から家族一緒。そして天気はイマイチ。外出は近所のみ。よって煮込み日和(?)。
いつも育児で家に張り付いてくれている家内に外食気分を味わってもらうべく、そして生気を養ってもらうべく、滋養に富んだテックス・メックス料理の筆頭チリコンカーンを作ってみました。
 

 
iPhoneトイカメラアプリ使用でオシャレグルメモテブログ仕様を標榜。そして失敗。
 
写真はどうあれ、ちょっと時間はかかりますが、これは本当簡単に作れます。気を使うのは下ごしらえ時くらい。で、マジパネェ美味さが入手できますので機会が合う際には是非 JUST DO IT お試し下さい。
では行ってみましょう。(以下、分量はガッツリ食べる二人分)
 
=材料=
豚バラ切り落とし:人数×100g弱
(本当は牛肉ミンチを使います。本日我が家に賞味期限が近づいた豚バラがあったため)
サラミソーセージ:人数×30g弱
(牛肉感を補えればと思って加えただけです。ナシで問題ナシ)
ミックスビーンズ缶:
(本式はレッドキドニーだけで作るのでしょう。ひよこ豆好きなので本日はこちらにて)
ニンニク:適当ですが、我が家では人数×1カケ使っています。
ピーマン:一個
唐辛子:一本
クミン:パラパラ程度
(なくても大した問題になりませんが、煮物料理には重宝するスパイスなので僕は常備をお勧めします)
チリペッパー:小さじ1強あたり
(チリペッパーと銘打って販売されているモノには唐辛子以外にもオレガノとかが調合してあり、便利です)
アンチョビ:一切れ。
(本来チリには入らない材料だと思います。が、僕にとっては魔法の調味料に近い。常備をお勧めします)
タマネギ:半個ほど
オリーブ油:適当
トマト水煮缶:僕はホールトマトの方が好きです。
コンソメスープ:2,3人分なら一かけを湯に溶かしておけば大丈夫でしょう。

材料は以上。材料並べただけでまた食べたくなってきた。。

 
=下ごしらえ=
本日は牛ミンチではないので豚肉を包丁で叩いて疑似ミンチにしておきます。
ニンニクと唐辛子、タマネギ、ピーマン、サラミは荒みじんくらいに刻んでおきます。
 
=調理=
頃合いの大きさのルクルゼ鍋にオリーブ油を入れ、火にかける前からニンニクと唐辛子を加えておきます。弱火で着火。香りがしてきたところでタマネギとピーマンを。ちょっとだけ火を強めて炒めていきます。色づいてきたら、スパイス類を全部投入。一分弱だけ強火にします。スパイスを煎りつける感覚です。風味が増すように思います。その後、火を弱めて全体を馴染ませます。
再び火を強めてお肉類をドーン。ここ、焦げないようにちょっと注意。
メチャクチャ良い匂いがしてきますので、ここらへんで超嬉しくなってきます。一通り火が通ったところでミックスビーンズを入れる。そして、コンソメスープ。
で、煮立ってきたらホールトマト缶を加え、しばらくそのまま火を加えて水分を飛ばした後ルクルゼ鍋のふたをしてグツグツ。
最後に塩こしょうで調整。

これだけ。マジ簡単。炒め合わせのところだけ焦がさないように気をつけて下さい。

 
これが本当にアホみたいに美味い上に、嘘じゃなく元気が出ます。レッドキドニー(日本でいうと金時豆みたいなもの)のようなホロっと崩れる豆類にはサポニンが豊富に含まれていますし、(本来のチリには入らないかもですが)ひよこ豆のような食感がしっかりした豆類は全般的にビタミンB1とカリウムの宝庫とも言うべき食材です。そこへ加えて前回などでも証明したように肉類から複数種のアミノ酸が合わさった時に発生する旨味。完璧に近い。
僕は本気で思うのですが、みんなもっとゴッタ煮料理を見直すべきです。そして世のお母さん達にゴッタ煮料理を作る時間と余裕を与えるべきです。っと、ここまでくらいで止しとかないと書けもしないことを書いてしまうことになりますね。。ご興味あればお試しを。
 

 
 

ということで、第四回投稿”海南風チキンライスについてレシピ公開”は案外早いかも。これも美味しいよ。
 
海南風チキンライス、作れるのか。
あ、こちらチェック頂けると幸いワイワイです。