「ULTRA LUNCH」カテゴリーアーカイブ

脳味噌蟹味噌ツアー 2017

ビバークレーションを販売くださっているお店(およびイベント)にお邪魔して、味見をしてもらったり、開発者(おれです)と直接いろいろこの商品について詳しくお話をしたり、時には一杯ご一緒したり、、、というツアーを行なっています。

ビバークレーション販売店めぐり

まだまだ ULTRA LUNCH、ビバークレーション、ともに広く認知されている銘柄ではありませんので、お店の棚に並べていただいて「売れて欲しいなぁ」と思っているだけで自動的にウワーってお買い求めいただけるものではありません。
食品ですので「分かってくれる人に伝われば良い」と思っているわけでもありません。1人でも多くの方に使ってみて頂きたいものなので、味見してもらって商品について詳しく説明をさせて頂ける機会をいただけるのはとても幸せなことです。
なにより、各地のお店それぞれのお客さまと直接交流させてもらえることが最高に嬉しい。 続きを読む 脳味噌蟹味噌ツアー 2017

【おつまみご提供します】Worn Wear Swap @パタゴニア丸の内

今週土曜日2014年12月20日、パタゴニア丸の内ストアにて開催されるWorn WearイベントにULTRA LUNCHからおつまみをご提供してまいります。

年末商戦も激化するこの時期だけど、そこにあえて、使わなくなってしまったパタゴニアギア(ウェア)を交換会しませんか?というイベント。
パタゴニア自ら開催するイベントです。
「ビアーとおつまみをご用意して待ってます」とのこと。 続きを読む 【おつまみご提供します】Worn Wear Swap @パタゴニア丸の内

TumblrサイトにGoogleアナリティクスコードを設置

ULTRA LUNCHサイト(独自ドメインをTumblrにて運用中)にGoogleアナリティクスを導入しました。ところが、どうもTumblrサイトにアナリティクスコードを設置するとエラーが起こりやすいようです。
以下、追記をもって実証実験してみたいと思います。 続きを読む TumblrサイトにGoogleアナリティクスコードを設置

汎用:穀物と野菜のスープ

写真はコーングリッツです。AID2当日、写真を撮っていなかったので。。w

お出ししたスープについてリクエストをいただきましたので、掲載しておきます。
食材は自由に臨機応変にアレンジしてみてください。味付けと出汁とりの工程だけ把握出来ればなんとでもなる感じです。

それではJUST DO IT、行ってみましょう。

<食材:調理順 / ひとり分>
オリーブオイル:小さじ2
クミンシード:小さじ1/4
ベイリーフ:少々
にんにく:1/4かけ
たまねぎ:1/6
まいたけ:容積で10ccくらい(適当で大丈夫です)
にんじん:1/10くらい
ブロッコリー:適当(としか言いようないです。。w すみません。。)
塩、胡椒:適当に

水:200cc
エルブ・ド・プロヴァンス:少々
ローズマリー:少々
コーングリッツ:10cc
カイエンヌペッパー:ほんの少々
白ワイン:少々
塩、胡椒、醤油、コリアンダーパウダー:少々

<手順>
・にんにく、たまねぎ、まいたけはできるだけ小さくみじん切りにしておく
・にんじん、ブロッコリーは好きな大きさで大丈夫です。
・フライパンにオリーブオイルを入れ、クミン、ベイリーフも投入して火にかける。中火。クミンに色づき始めたら弱火にして数分加熱。
・まいたけ、にんにく、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーを投入。中火に戻す。たまねぎが薄茶色に色づくまで炒める。塩胡椒を適当に(この段階ではあまり味付けにこだわらなくて良いです)
これらの工程で、出汁をつくる感じです。野菜ブイヨンなども市販されていますがしいたけやまいたけなどのキノコ類を香味野菜と一緒にじっくり炒めると出汁が出ます。この方が美味しいような気がします。油も入りますし。

・水を加え火にかける。沸騰させる。
・エルブ・ド・プロヴァンス、ローズマリーを投入。香りが出てきたらコーングリッツをダマにならないよう少しずつ投入。
・フライパンの中の炒め野菜を鍋に投入。
・カイエンヌペッパーを投入。本当にほんのちょっとずつです。
・白ワイン、調味料を投入。味を見ながら調整して完成です。

コツがあるとしたら、塩、醤油よりも他のスパイス/ハーブ類を立たせることで味付け自体は薄味にしておくことかと思います。その方が食材を変えることで日常的に飽きずに食べ続けられるのではないかと。
AID1のハッキングとしてアーユルヴェーダの一食六味というものをご紹介しましたが、スパイスやハーブなどを立たせることで渋味とか苦味とか辛味といったちょっとマイナーな味を補足してやる感じです。

今回はコーングリッツとブロッコリー、にんじんでしたが、じゃがいもでもさつまいもでもレンズ豆でも、かぼちゃでもれんこんでも食材は冷蔵庫にあるものを自由に使ってください。その場合、炒め野菜を入れる前にある程度まで煮ておくことをおすすめします。気にならないようでしたら皮をむかずに調理しちゃうこともアリだと思います。上でいう渋味の補完になりますよ。

.:ULTRA LUNCH:. AID2 “脂質”

photo by Yuki Kurokawa Thanks!!

本日2月23日、ナチュラルランニングを愛する仲間と昼食をご一緒し、ともに議論する場.:ULTRA LUNCH:.のAID2(第2回)を開催いたしました。
今回の座学テーマは”脂質”。前回のビタミンB群から一転、主要三大栄養素の一角を担う栄養素を選びました。
お集まりくださった方々にプレゼンさせていただいたレポートのレジュメです。ご覧になって頂ければ幸いです。

.:ULTRA LUNCH:.で僕から提案したいことは、端的に言うと「食事を生活の柱と捉える。が、食べものに万能を求めない。自らの生活で食事を補完する」に尽きるのではないかと思っているのですが、今回の議題”脂質”で早くも本質に触れるようなテーマになりました。いつものことながらトークはワチャワチャになってしまいましたが、本日もレース会場やランニングイベントとは全く異なる雰囲気の中でスポーツマン仲間と時間をともにするのは本当に楽しかったです。
配膳や会場設営、受付に至るまでをサポートしてくれたトレイル鳥羽ちゃんの仲間と友人に感謝します。ありがとう。

脂質がテーマであったことにちなんで、「脂肪と言えば??」という問いかけに真っ先に思い浮かぶ方が多いのではないかと想定した「チーズ」と「マヨネーズ」を植物性食材でもどきを作ってみるものをお出ししてみました。やはり、もどきの味にはなってしまうのですがw、会場にてレシピのリクエストを頂いた2品について、以下に掲載しておきます。チーズはパンのディップの一つ(上の写真の黄色い方です)、マヨネーズはキャベツのコールスローに使いました。ともに豆腐でこしらえています。(実は、材料も手順も類似した2品なんで若干お恥ずかしいのですが、ULTRA LUNCHはレシピもレジュメも全て公開することをポリシーにしてますので、ドント・ビー・アフレイドで参ります)

それではJUST DO IT。早速行ってみましょう。

.:豆腐のスモーキーチーズ:.
<食材: 調理順/作り置きできるのでまぁまぁ大量分>
水: 50cc×2
粉寒天: 小さじ2
コーンスターチ: 大さじ2
にんにく: 半かけ
玉ねぎ: 1/10くらい
絹ごし豆腐: 1丁
キャノーラ油: 大さじ3
塩: 小さじ2
スモークパプリカ: 小さじ1
ニュートリショナルイースト: 60cc

<手順>
粉寒天とコーンスターチをそれぞれ50ccの水に溶いておく。
にんにく、玉ねぎをみじん切りにしておく。
豆腐はかなりしっかり目に水切りしておく。

粉寒天、コーンスターチ以外の材料をフードプロセッサーでガーする。約3分くらい。完全になめらかになるまで。
そこに水に溶いた粉寒天、コーンスターチを投入し、再びガー。

食材に対してちょっと余裕があるくらいの鍋に上記の材料を入れ、火にかける。
中火からはじめて泡がたってきたら弱火に。
ココ重要:かき混ぜ続けて、材料全部に熱が通ったくらいまで火にかける。この工程で寒天とコーンスターチが凝固を始めます。
熱し終わったらもう一度フードプロセッサーにかける。

タッパー、バットなどに材料を移し、気泡がのこらないようトントンと何度か落とす。
粗熱がとれたところでクッキングシートを上からピッチリとかぶせて冷蔵庫で冷やす。

一晩くらい冷蔵庫で休ませたほうが美味しいです。完成です。
寒天とコーンスターチが凝固してますのでスライスもできます。

.:豆腐のマヨネーズ:.
<食材: 調理順/作り置きできるのでまぁまぁ大量分>
にんにく: 2かけ
絹ごし豆腐: 1丁
オリーブオイル: 大さじ3
塩: 小さじ1/2
ディジョンマスタード: 大さじ2
レモン絞り汁: 小さじ2

<手順>
にんにくはみじん切りにしておく。
全ての材料をフードプロセッサーでガー。約5分。完全にとろとろになるまで。

タッパー、バットなどに移し、冷蔵庫で冷やす。
完成です。

photo by Tomoko Tanimoto Thanks!!

今回も、(遠くは神戸から!)多くの同好の士と場をともにできたことに感謝。